07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

あれからそれから… 


2012.10.24
Wed
13:56

前回の日記からちょいちょいと魚が増えました。

まずはクラウンローチ。
3~4cm級の比較的肉付きの良い子を3匹ほど。
同日、コリドラス・ステルバイを1匹。
我が家の水槽に迎えました。
その後、水槽に茶ゴケが出てきたので、オトシンクルスを1匹とミナミヌマエビを10匹ほど投入。

茶ゴケが出てきたのはまだ生物濾過が立ち上がってきてないわけで、魚追加するのは論外だろ!と言うツッコミは無しの方向で(^^;

水槽のお邪魔虫であるスネールはクラウンローチ投入直後に姿を消しましたね。そりゃもうピタッと!w
やはりクラウンは見て楽しめ水槽の秩序(笑)を保つ良い魚です。

category: 熱帯魚

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

スネール発見! 


2012.09.24
Mon
13:35

先日立ち上げた水槽、2週間ほど経ちました。
この2週間は大きな変化はありませんでした。
10匹ほど投入したアカヒレも1匹も☆になる事無く元気です。
と言うか、「パイロットフィッシュに10匹も入れるなよ!」と言う声が聞こえそうですw
その通りなんですがね、熱帯魚屋でアカヒレ購入する際に「10匹だとセールで280円、5匹なら定価で400円です」と言われたら10匹買っちゃうよねぇ…w
アカヒレって丈夫ねw
でまぁ変わったことと言えば、泥水水槽で唯一生き残っていたコリドラス(ベネゼエラ・オレンジ)1匹を移した事と、水草を少し足した事が大きな変化ですね。

もう1~2週間はこの状態でキープしたいと思ってます。





……そう思ってました、土曜日まではw

いや~、発見しました、スネール。

水草を買ってくればほぼ間違いなく、避けることのできない厄介者ですからねぇ。
今のところ見かけたのは3匹。
最も大きいのが1cm位、もう1匹がそれより一回り小さい位、もう1匹は2mm位の小さいの。
こうなると大繁殖は避けられません。
以前は見つけ次第ピンセットで摘んで排除してました。
1日に20匹前後!
ほぼ毎日!
このまま放置すれば今度もそうなるでしょう。

あ~!早くクラウンローチをお迎えしたいわ!
azusa02.jpg
(クラウンローチは強力なスネールイーターです)

category: 熱帯魚

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

復活! 


2012.09.10
Mon
13:17

長いこと放置していた水槽を立ち上げなおしました。

病気などで全滅喰らい、いっそのこと完全リセットするべと取り外していた水槽が有ったんですが、今ひとつやる気がおきなくてそのまま放置……。なんやかんやで2年くらい放置していたんじゃないかな?
それをまぁ復活させようと、2週間前くらいから必要な部材を集め始めていたんです。

まずはネット通販で、
・濾過材2種
・150wヒーター
・サーモスタット
・他小物あれこれ
を購入。

続いて
・エーハイムエコ用丸型スポンジ(粗目&細目)
をアクアショップで購入。

さぁ!材料が揃った!って事で、昨日作業を行いました。

水槽は嫁が洗ってくれていたのでそのまま使用。
前の水槽で使っていた底砂を水洗い。水槽に敷き詰める。

さぁ次はホースの取り回しだ!と保存しておいたホースを見ると……腐ってやがる!
いや正確には腐ってるんじゃなくて変色&硬化してる状態。
まぁ保存とは名ばかりで、バケツに丸めて突っ込んで、ベランダに放置してたわけだからねぇ。ダメになるって(苦笑)
おまけにポンプとホースをつなぐ開閉タップのOリングが風化してて切れちゃった。
仕方なく慌ててホームセンター&アクアショップに走る。
Oリングはホームセンターでの汎用品で間に合い、ホースはアクアショップで純正品が買えました。

帰宅して改めてホースの取り回し。
幸い、プラスチック製のパイプ類はそのまま使える状態でした。

続いて濾過ポンプの用意。
ポンプ自体は以前から使っていたエーハイム・エココンフォート2236。ゴムパッキンなどにヘタリは無く、そのまま使用可能な状態でした。
今回用意した濾過材は2種類。
定番のエーハイム・サブストラットプロとジクラのリング状濾過材。
サブストラットは使い慣れた使いやすい濾過材。
ジクラのリング濾過材は過去に使ったことがあるんだけど、立ち上げ時の安定感が良い気がするんですわ。根拠は無いけどねw
濾過材をコンテナに詰め込み、流水で軽くゆすいでセット。
ホースをつないで準備完了。

カルキ抜き剤を入れた水を水槽に満タンまで入れ、いざポンプの呼び水レバーを倒すと!……あれ?水が入ってこねぇ。
呼び水時の水の入り方に不安を持ちつつも、電源ONしてみましたが、案の定水は循環せず。
何度かやってもダメだったので気密漏れでもあるのかと接続部分を確認しましたが無問題。
30分ほどあれやこれや試しましたが状況が変わらず。インペラはきちんと回っているようだし、羽根にも問題無さそう。
なんか厄介な問題があるのかな、買い替えかな…と思ったところでもう一度ホース回りを確認すると、……ホースが折れて詰まってましたw
ホースの折れを直したら一発解消!w

後はエアポンプ設置したり、水温計設置したり。

以上、全ての作業を完了!
DSC_0029x.jpg
こんな状態になりました。

水草は嫁が植え込み、パイロットフィッシュとしてアカヒレが入ってます。
このままの状態で数週間、安定してきたら我が家で一番お気に入りの魚、クラウンローチをお迎えする予定です。

category: 熱帯魚

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

水槽の調子が… 


2010.07.06
Tue
10:19

越後屋家にある2本の水槽の内、クラウンローチ水槽がピンチです。
先月末から今月にかけて、立て続けに魚たちが☆になっています(ーー;

まずは4月にお迎えしたばかりのインペリアルペコルティアが☆に。2~3日姿を見ないなぁ…、と思ってたら…。
続いて一昨日の日曜日にクラウンローチの2代目ジャイアンが、さらに昨日2代目グルメが☆に。

なんなんでしょうね?(ーー;

ここ数日気温が高くなってきてましたが、夏場に備えて水温設定を上げてましたんで(29度前後で安定)、極端な水温の上下はなかったはず。
2代目ジャイアンが☆になった際、ジャイアン自体に外見的な病気の兆候は見られませんでした。が、他の魚のヒレに傷があったのと、クラウンローチで一番小さいマヨに2~3個の白点が見られたので唐辛子を投入。翌日には白点は消えてました。
思いつくのは水換えの頻度が少なくなっていたので水が悪くなったか?ってところ。でも嫁が昨夜急遽phと亜硝酸濃度を測ってましたが、phが低めな事は気になりましたが、亜硝酸濃度は安全値。
なんだろな~、わからん(ーー;
cr.jpg
(3ヶ月ほど前のジャイアンとグルメ)

現在生き残っているのはクラウンローチのオニギリとマヨ。あとはエンゼルフィッシュが1匹。
マヨとエンゼルはそこそこ食欲もあるようですが、オニギリの餌の食いが良くないのが心配…。
今晩あたり、塩を入れてみるか…。
魚は事前に不調の兆候が掴みづらいのが難点。何時まで経っても良く解らんわ…(ーー;

category: 熱帯魚

trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

別居しました 


2009.11.16
Mon
11:19

先週の事ですが、別居する事にしました。
長年一緒に居たんですが、残念です。

原因は、嫁の度重なるDVです。
鬼嫁って単語もありますが……、旦那が怪我するようになっちゃね…(ーー;

-- 続きを読む --

category: 熱帯魚

trackback(0) | comment(6) | 記事編集

go page top