05/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./07

水槽一本引越し完了! 


2008.06.30
Mon
12:07

昨日、一本目の水槽引越しを行い、完了しました。

移動したのはローチ水槽。
器具類を取り外して軽く掃除&荷造りを終えた後、魚を一匹ずつ捕獲。
捕獲した魚は、アクアショップで譲ってもらったビニール袋に、酸素を発生させる石といっしょにパッキング。保冷バッグに入れます。
ちなみに捕獲は嫁がやりました。越後屋より上手いんだ(^^;
さらに事前に購入しておいた18リッターの灯油ポリタンクに飼育水を入るだけ入れ保存。
残りの飼育水は惜しいですが廃棄。
バケツに底砂の半分ほどを移して準備完了。

車に全ての荷物を積み込み新居に移動。
移動途中、中山周辺の酷い渋滞に巻き込まれてイライラ(ーー#

現地に着いたら底砂、水を水槽に戻し、器具類を設置。
更にカルキ抜きを入れた新しい水をバケツ一杯分追加した所で器具類の電源ON!
魚たちを水ごと水槽に戻し、不足した水を新たに追加。

10時半頃から始めた作業は結局15時半くらいまでかかったかな?
渋滞が無ければ1時間は縮められたと思うんだけど。

家主の引越までは、新居の留守番は魚たちに任せます(^^;
火曜日には餌やりに新居に行く予定です。
その時に白点出まくりだったらヤだなぁ…(^^;

でね、今日は軽い筋肉痛……と言うか、筋肉のハリが残っている。
二の腕、背筋、腰、太腿…。
身体がダルいわ…orz



-- 続きを読む --

category: 熱帯魚

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

DS版が出た 


2008.06.27
Fri
17:32

【ひぐらしのなく頃に 絆】


同人ソフトから始まって、アニメ化、コンシューマー機への移植(PS2)、マンガ化、小説化と続き、今度はDSソフトですって。
PS2版の『ひぐらしのなく頃に 祭』をベースに、新シナリオ追加と新システム導入、全4巻なんだとか。

ネットでは「まだ儲ける気か」とか「焼き増ししすぎだ」とか批判も多いようですね。

最近やっと『ひぐらし』にハマッた越後屋としましては、ん~……、イラネ(^^;

なにしろほら、まだ『ひぐらしのなく頃に 祭 カケラ遊び』をクリアしてないし。
やっとね、皆殺し編まできたよ。まだ前半だけど。
ましてや『カケラ遊び』でフルボイスだったのにDS版では一部しかボイスが無いって言うしね。
新シナリオは気になるけど…ね。

ところで、オリジナルの『ひぐらしのなく頃に』をコンシューマー機に移植する為、結構シナリオを変更してあるんだとか。
『罪滅し編』のラストが違うとか、『祭囃し編』を『澪尽し編』に置き換えてあるとか。
変更点がすっごく気になってくる。
そうなると、やっぱりオリジナル版をプレイすべきなんだろうか?

でもなぁ、竜騎士07さんの絵、あまり好きじゃない…、って言うか嫌いなタイプの絵なんだよなぁ~(^^;



category: コンシューマ

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

水槽台 


2008.06.27
Fri
12:05

引越し作業の一つとして水槽台を組み立てました。
ニッソー製のアクアリウムキャビネット クラブ600 H-Dと言う製品です。
事前にネット通販で購入しておいたものを、昨日新居に持ち込み組み立てたのです。

これ、組み立て家具として見るとなかなか優秀ですね。
製品の仕様は、合板に木目プリントシールを貼り付けた物に、組み立てようの穴あけを施され、ボルトねじ込み用のナットを埋め込まれた状態です。
ごく普通にある、廉価な組み立て家具と同じです。

でもね、この製品の良いところは“部品の合い”がかなり良いんですよ。
例えば、裏板と側面の板を木ねじで固定する際、板材の大きさが正確でガイド穴のあけ方も正確。位置決めが実に簡単なんですね。
更に木ねじ用のガイド穴の大きさも絶妙で、無駄に強い力が必要にならない割にガッチリ固定できる感じで。

よくに有るじゃないですか?
木ねじがショボくて板材に食い込んで行かないとか、ガイド穴の位置が数ミリずれててねじが斜めに入っていったとか、そんな組み立て家具、多いでしょ。
そういった事は、全く無かったですね。

組み上がった後は、ガッチリ剛性感があって、ガタつく事は無し。
水槽を実際に置くのはまだ数日先になるので、試しに越後屋(70kg台後半)が乗ってみましたが、軋み一つ無かったです。
まぁ常時70kgほどの重さになる水槽を受け止めるわけですから、ガタついてもらっちゃ困るわけですので当然と言えば当然なんでしょうが(^^;
底板にねじ込む木ねじの頭の“逃げ”の部分もしっかり作ってあって、床にねじが当たる事も無いし。
値段の割に良い物だったなぁ~と満足しております。

ちなみに、購入したお店はココ
過去にエーハイムのろ過装置や照明器具なんかを購入した店です。
早くて確実で安いと、水槽回りの器具を買う際は頼りにしてます。
今回の水槽台もかなり手ごろな価格で購入しましたが、ニッソーHPに載ってる定価を見てかなり驚きました。
定価の半値以下で買えました(^^)v



category: 熱帯魚

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

茶髪・金髪はおいといて 


2008.06.26
Thu
18:22

美味しんぼ原作者である雁屋哲さんのblog【雁屋哲の美味しんぼ日記】での記事で、【茶髪・金髪は何とかなりませんか】ってのがありました。

越後屋の意見としては、茶髪・金髪に関して「日本人には似合わない」という部分に関してほぼ同意見。
うっすら茶色がかったとか、栗色くらいまでならまぁ綺麗かなと思うけど、完全に脱色した金髪は、日本人の顔つきには似合わないと思ってます。

それに対し、「外見と内面は違うと言う反論」もすごい数寄せられているようですが、まぁこの意見もアリでしょうな。

ただね、ある一部分に関しては完全には同意できない。

>日本の今の若者は団塊の世代の残した遺産を食いつぶしているだけだ。

確かに今の日本を作り上げたのは、『団塊の世代』と言えるでしょう。
世界に冠たる経済大国を作り上げたと言うことは評価できます。

ただ、今問題になっている、
・福祉問題
・ニート問題
・ワーキングプア問題
・日本の累積赤字
等々、こういった負の遺産を作り上げたのも『団塊の世代』だと思っております。

老人問題、少子化問題など、福祉の行き詰まりを正さなかった。
ニートを生み出す環境を作り出し、それを容認してしまった。
経済的競争力を高めるという題目で低賃金労働者を大量に生み出してしまった。
後先を考えず赤字国債でやりくりする術しか知らない政党を評価し続けた。
これらの問題を棚上げし、後の世代に押しつけてしまった。

すべて『団塊の世代』が行ってきた事じゃないですか?
そう考えると『団塊の世代』とは!“日本を発展させたけど、同時に日本を崩壊寸前に追い込んでしまった世代”と言えるのじゃないでしょうか?

そう言ったことを忘れ、『今の若者は……』と説教だけする大人を見ると卑怯だと思うし不愉快になる。


-- 続きを読む --

category: ネットの拾い物

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

なかなか上手くは行かないようで… 


2008.06.25
Wed
16:21

越後屋家にあるPS2は居間のTVにつないであります。
このTVには他にHDDレコーダーもつながっております。

越後屋家ではTVは1台しかなく、チャンネル争いは滅多にないのですが、全く無いって事もないんです。
特に越後屋がPS2のゲームを始めると、嫁が「ヒマだぁ~!」と騒ぎ出します。
もしくは嫁がHDDレコーダーに保存してあるドラマやヲタアニメ(笑)を見始めると、PS2ゲームをしたい越後屋は手持ち豚さん……違う、手持ち無沙汰になります。

そこで考えたのが、越後屋のPC用液晶モニターにPS2をつなげられないか?と言う事。

単純に考えると、PS2ケーブルをD-sub15pinに変換できりゃイイんじゃね?と。
今PS2-TV間をD端子ケーブルでつなげておりますので、これをD-sub15に変換出来るか?もしくはS端子ケーブルとか……とぐぐって見たところ、映像信号の方式が違うため、変換するだけではアカンのだとか。
インターレースだとかプログレッシブだとか……なんだかヨクわからん(^^;
PS2と液晶モニタの間にアップスキャンコンバータと言う機械がいるんだとか。
これがまた3万円前後するんですね~、無理!

他に何か方法が無いかと調べると、TVを見られるパソコン、いわゆるテレパソならS端子やコンポジットの外部入力端子につなげばOKだって。
そう言えば嫁のblogによく登場するIちゃんは、TVチューナー付ノートPCにPS2つないでいたな(今は地デジTV買った)。
ただなぁ、越後屋家のPCは2台ともTVチューナーボードやキャプチャーボードが入ってないんですよねぇ。
買うとなると7千円位から。ケーブルを3~4千円で買おうと思ってた越後屋にとっちゃ大きいよなぁ。
しかも安価だからとこれから地上アナログ波のチューナーとか買うのはアホらしいしねぇ…。

なんとか安価で安易に出来ないかと考えていたけど、なかなか思う様にはなりませんなぁ……orz


category: コンシューマ

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top