FC2ブログ

07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

初心者向けデジタル一眼レフカメラ Part2 


2008.08.19
Tue
12:01

昨夜の事。
いつもお世話になっているN氏より、
「デジタル一眼レフカメラが欲しいのですが、何が良いのでしょうか?」
と言ったメールが来まして。

主な使用者はN氏とそのご家族で、使い道は、
①スナップ等の普段使い
②N氏の趣味である水槽内の撮影
③ご家族の趣味である花や虫などのマクロ撮影
との事。
予算は10万円位で。
また、N氏はコンパクトカメラの使用経験はあるが、デジタル・フィルムを含め、一眼レフは初めてとの事。

で、ちょっと考えてみました。
なお、越後屋はここに紹介するカメラを全て使った事があるわけではなく、あくまでもカタログやメーカーその他のwebサイト情報を見て、越後屋の主観で好き勝手言ってますので、そこんとこ宜しく(^^;


まずはボディ。
予算から候補を選ぶと、各社こんなモデルが候補かと思います。
(価格は8/19現在のyodobashi.comよりボディのみでの価格を拾ったものです)

キャノン EOS Kiss X2(\76,700)
キャノン EOS Kiss F(\61,800)
ニコン D40(\49,800)
ニコン D60(\55,300)
ニコン D80(\77,500)
ペンタックス K200D(\71,300)
ソニー α300(\66,400)
ソニー α350(\82,100)

……etc.

ハッキリぶっちゃけて言っちゃいますと、これを買っておけば間違いない!って商品が無いんですよね(^^;

EOS Kiss X2…個人的にKissシリーズのボディ質感は安っぽくて嫌い。X2は入門機としてはちょっとオーバースペックのようにも思えるけど、価格がこなれて来たので良いかな。
EOS Kiss F…キャノンの最新入門機のようですが、価格.com辺りで見ると評判良くなく、割高感があるようですね。どうもファインダー倍率が低いのが好まれないらしい。
D40&D60…安い割に質感が良い。D40とD60の価格差が\5,000円程度のようなので、新しいD60をお勧め。ただし、古めのマクロレンズなど一部レンズに使用制限がある模様。
D80…一番デカくて重い。手の小さい女性にはきついかも。またこの候補の中では古く、もうすぐ後継機種が出るという噂。でもD80は中級機なので基本性能は高く、割安感は有る。レンズの使用制限も少ない。
K200D…ボディ側手ぶれ補正、防塵・防滴ボディと言うのが良い。小柄で女性にも持ちやすい。一押し。ただレンズの選択範囲は狭い。
αシリーズ…個人的にあまり興味は無し。一眼レフは基本的にファインダー撮影だからライブビューなんて無くても良いと思う機能。でもマクロ撮影等で超ローアングル撮影時などは便利かも。レンズ群の一部にカールツァイスブランドの物があるのには驚いた。

と言う事で、一番のお勧めはK200D
次いでEOS Kiss X2D60
一眼レフ経験者の越後屋が買うなら、K200DとD80で迷ってD80を買うと思う(^^;

カメラは実際に手に取ってみると、微妙に感触が違います。小さいけど角張っていて持ちづらいとか、大きいけど丸みを帯びてて持ちやすいとか。
人によって好みの差も大きかったりするんですね。ぜひ量販店などで持ち比べ、感触を確認した方が良いと思います。


次にレンズ。
よく、写真はボディよりもレンズで変わるといわれます。なのでボディよりもレンズにお金をかけた方が良いと言われます。
これは事実で、ボディは1ランク落としてもその分良いレンズを買った方が正解です。

ですがね、今回の対象者は一眼レフは始めて。基準のものさしを持つと言う事で、レンズキットと言われる本体とセットで売られているレンズを持っておけばOKじゃないかと思います。
メーカーにもよるけど、広角側17から18mm~望遠側55から80mm程度の、標準ズームと言われるレンズがついてます。スナップ撮影ならばこれで十分。できれば望遠側が80mm程度まであるとなお良いかと。
ちなみに、ボディ側で手ぶれ補正機能を持たないキャノンやニコンの標準ズームは、手ぶれ補正機能付きの物がセットになっているようです(D80除く)。
標準ズームを入手して、色々撮影してみて、不満が出たところでレンズを買い足せばよいかと思います。

例えば…。
水槽撮影で少しでも明るいレンズが欲しくなったら50mmF1.8などの短焦点レンズを追加。
花や虫を撮る際に、もっと大きく撮りたくなったら50~90mm位のマクロレンズを。
旅行などでいろいろなものを撮りたいが、1本のレンズで済ませたいなと思ったら18~200mm高倍率ズームレンズを。
……等々。

撮影目的に応じて、腕に応じてレンズを選択できるのが一眼レフの醍醐味であります。
この点、ペンタックスのカメラは不利かもしれません。純正レンズの本数がキャノンやニコンよりも少なく、サードパーティ製レンズも若干少ないですから。

と、こんなもんでいかがでしょうか?
越後屋、個人的にはニコンのD80に純正18~200mmVRレンズをつけたものが欲しいっすね(^^;




<追記>
「ファインダーが見やすい…」とか書いてますが、どう言う事か。
ファインダーの性能は、数値化できるものとしてファインダー視野率とファインダー倍率によって表され、数値化できないものにピントの確認しやすさがあります。
視野率と倍率に関してはこのページに詳しく、わかりやすく書いてありますのでご参照ください。
オートフォーカスなんだからピントがどこに合っているかを確認する必要は無いだろうとも思われますが、実施には重要です。
特に被写界深度の浅くなるマクロ撮影等をする際は、被写体のどこにピントが合っているかで写真の印象がかわってきます。ベテランの人は、AFで大まかにピントを合わせ、その後AFをキャンセルして手動でピントを調節するなんて事もされてます。
見やすい方が良いのですよ(^^;


-- 続きを読む --

category: モノ

trackback(0) | comment(5) | 記事編集

go page top