FC2ブログ

01/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28./03

越後屋のFF13総括 


2010.02.19
Fri
15:51

えっとね、まだクリアしてません。と言うかクリアする気力がわかないです。

今回のFF13、越後屋の感想は「絵は圧倒的に綺麗だけど、つまんないゲーム」です。
100点満点で20点くらいかな。
FCで初代DQに接してから今までの中で、最ものめり込めなかったゲームでした。

<気に入った点>
画像が圧倒的に綺麗
…これはもう圧倒的です。ゲームのCGでしか無いのに、画面の中の空気を感じられると言うか風が見えると言うか、とにかく美しく文句無し!
つうかこれだけw

<気に入らなかった点>
シナリオに感情移入できない
…なんか居心地悪いと言うか、薄っぺらいと言うか。プレイ中に感じた不快感が上手く説明できなかったんだけど、AllAboutのガイドの記事に、越後屋の気持ちを上手く表現しているなと思った記事が有ったので引用。
※AllAboutより引用
プレイヤーがコントローラを握ってから登場人物は専門用語を連発し、プレイヤーの感情移入を阻むのである。状況がわからないまま逃亡劇が始まり、プレイヤーは非常に居心地の悪い思いをすることになる。
戦闘中に操作できるのは一人だが、たとえ負けても直前からリトライできるため、その点でも没入感が削がれる。戦闘で重要人物が死のうが、さして重要ではないのだ。
※引用終り

中盤になっても明確な目標や使命が見えるわけでなく、成行きで逃げ続けているだけ。
シナリオが一本道だと言われてますが、そうであっても次にどこに行く、どこに行ったら次の短期的目標が見える、と言うようなメリハリが無い。当ても無くダラダラ逃げて行くだけ。終盤になってやっと目標が見えるが、それってラスボスだし。

戦闘が苦痛
…3人PTで進み、シンボルエンカウントでバトル突入。操作はリーダーのみで残りはAI。これだけ見るとDQ9と変わらないのにねw
PTメンバーのステータスや敵キャラのステータスを見て作戦を意味するオプティマを随時変更し、後は[たたかう]コマンドのみ。
キャラの動きが小気味良いので最初はテンポよく感じる。
でも、敵が異様に固く、攻撃を当てても10分の1もHPは減らない。ただ連続して攻撃を当ててチェインボーナスを溜め、チェインボーナスが一定量を超えるとブレイク状態となり大ダメージが与えられるようなのだが……、コレに飽きてくる。
[たたかう]コマンドを実行すると、自動でその敵に合わせた効率の良い攻撃方法が実行されるわけ。どんな敵でも[たたかう]一本槍!
もちろん詳細にアクションを指定することもできるが、のんびりアクション指定などしてると操作キャラが簡単に死んじゃうw。だから効率良く簡単な[たたかう]を選ばざろうえない。
オプティマの指示をミスると簡単にゲームオーバーになってしまうので、そこそこ集中してバトルするんだけど、作業感が強くてなんか疲れる。

キャラクターを育てている感が無い
…キャラクターにはレベルの概念がありません。クリスタリウムを使ってステータスアップしていきます。FF10のスフィア盤を思いつけばほぼ間違いないです。
でもFF10ほど「キャラクターを育てる」感が無いのはなぜなんでしょ?自由度が低いからかな?
武器・防具は購入・宝箱・モンスターからのドロップで入手でき、他ドロップで手に入る素材と合成することにより成長(レベルアップ)することができます。
これもFF10の仕組みと似てるんですが、素材がなかなか入手できなかったり、レベルが上がるだけで枝分かれが無いし(上位武器に成長する事はある)であまり面白いものじゃない。
とにかく数時間プレイして、「お~、ここまで育てたか~!」って達成感が無い。この点でKH BbSは優秀だった。


とまぁこんな感じで、シナリオに感情移入できず、当ても無く逃げるだけで、戦闘は苦痛。
2時間程度プレイしていると疲れて飽きてくる。
今迄にプレイしたRPGでは時間を忘れてプレイし、気がついたら朝だったなんてことも有った。つい最近ではDQ9がそうだったな。
でもFF13ではそんなこと皆無。

もうね、人に「FF13面白いか?」って聞かれたら、自信を持って
「好みがあるから人それぞれだと思うけど、越後屋にはすごくつまらないゲームだった!暇を持て余してたらやってみるのも良いよ」
と答える事にします。

※AllAbout該当記事【『FF13』が楽しめる人とそうでもない人

category: コンシューマ

thread: FF13 ファイナルファンタジー13 について

janre: ゲーム

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top