06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

されど電気 


2012.07.17
Tue
15:04

久々にゲームと車以外のネタ。
しかも、読む人によっちゃかなりの暴言かもしれないネタ。


【「さようなら原発10万人集会」 数万人規模の参加者がデモ行進】

>坂本龍一さんは「たかが電気です。たかが電気のために、なんで命の危険をさらさなくてはいけないんでしょうか」と話した。


たかが電気、されど電気。

電気が無ければ(足りなくなったら)どうなるでしょうか?

現時点では原発が動かなくても電気は足りるようです。
ここの家庭や会社が節電に励めば、何とか乗り越えられるようです。ただこれは綱渡りだと思うんですよね。
原発で発電できない分、火力発電所はほぼフル稼働状態だと聞きます。
火力発電所でも定期的に発電を止め、定期点検をしなければならないでしょうし、仮に何かのトラブルで火力発電所が緊急停止したらどうなるか?
現状、かなり余裕が無いようです。

昨年の関東地方のように、輪番停電が行われたらどうなるのでしょうか?
越後屋の聞く限りでは東京23区内ではほとんど停電にならなかったようですが、越後屋が住んでる横浜市緑区では確認出来てるだけで2~3回、留守中の停電も含めると10回弱停電したようです。
すごく不便でした。
仕事帰り、街灯さえ消えた真っ暗な街中を家まで歩いて帰る。セキュリティ機能の消えた家やマンション。防犯上非常に問題ありませんか?
電気が止まると言う事は水も止まります。トイレひとつ流せないんですよ。おかげで事前に風呂桶に水を溜めて置いたりしましたし。
エアコンが使えず熱中症になった方も多かったようですね。
不便であり、かつ不公平な施策で非常に不満がありましたね。

停電があるかもしれない、と言う事はまともな経済活動は出来ません。
今時、電気を使わない商売なんてまず無いでしょう。
工場が稼動できない、店が開けられない、色々聞きました。
まともな経済活動が出来なければ景気が回復するはずも無く、税収も増えず、また消費税が上がるかもしれませんね。


ここまで書いててなんですが、越後屋は原発推進派ではありません。
限定的原発稼動容認派と言うべきでしょうか。

安定した電力供給の為、必要最低限の原発稼動はすべきである。
20~30年後を目処に、原子力以外の方法で安定供給できる電源を開発し普及させる。
その間稼動を続ける原発には東日本大震災を基にした安全対策を早急に施す。
そういったポジショニングです。

どうも昨今の原発反対デモは、単に感情的になりすぎ、ぶっちゃけて言えばヒステリックに見えて同情できません。
今原発全廃を決めたって、代替電源を確保するには数十年かかり、その間は毎年こう言う節電対策が必要になるんですよ?
もう少し冷静に、客観的に、科学的に主張を展開した方がいいと思うんですけどね。


そうそう、最後に政府と電力会社向けに起死回生の策をお教えしましょう。

電力使用のピーク時に火力発電所を2~3箇所止めるんですよ。
当然電力供給が不安定になり大停電が起こりますね。
できれば都心部で大停電を起こすと効果的ですね。
2~3時間くらい止めておきましょう。
原因は全力運転を続ける火力発電所のトラブルが偶然重なった、今後も起きる可能性がある。と発表しましょう。
そうすれば今原発再稼動反対を叫んでいる人の半分以上、黙ると思いますよw

category: ニュースネタ

trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top