FC2ブログ

09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

落胆どころじゃないんじゃないかな? 


2009.04.08
Wed
16:17

【ロス・ブラウン代表、「ホンダは落胆している」】
ausgp_148.jpg
ブラウンGPの快進撃を見るたびに思うのよ。
ホンダ、早まったなぁ~
って。

確かに、今のBGP001+メルセデスエンジンの組み合わせが強力であり、BGP001+ホンダエンジンでこれだけの成績が残せたか?と言う疑問は有る。
でも、近代F-1では、エンジンパワーよりもメカニカルグリップとか空力とかバランスとか、シャーシ性能の優れたチームが強いってイメージがある。

良い例が今年のF-1。
同じメルセデスエンジンを積んだマクラーレンや、KERS搭載で間違いなくBGP001よりパワフルなはずのフェラーリは下位を低迷している。
こう言う例から考えると、BGP001+ホンダエンジンでも十分トップ争いに食い込めていた可能性は高い。
そう考えると、ホンダがもう1年F-1参戦を続けていれば、表彰台の真ん中に日の丸が翻っていたかも…と思うのよね。


ホンダが会社を守る為にお金のかかるF-1からスパっと身を引いたと言う潔さを誉める人も多い。特に経済評論家とかね。
でもね、F-1の2008-2009シーズンオフを一番混乱させたのはホンダなんだよね。
F-1ファンとしては予算縮小してでも今年1年はホンダチームとして続けてもらい、1年かけて委譲先を探してくれるならここまでの混乱は起きなかったと思うのよ。
ましてや親企業として、配下の会社をなんの保証も無く切り捨てたと言うイメージが強い。
そう思うから、越後屋の中ではホンダと言う会社のイメージは、間違いなく落ちた。



つぅかね、本音を言えば、
「ホンダ、ザマァwwwwww!m9(^Д^)」
な気分である(^^;

category: モータースポーツ

thread: F1GP 2009

janre: 車・バイク

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 論議を尽くす事は間違いじゃない  | h o m e |  F1マレーシアGP »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://pechigoya.blog114.fc2.com/tb.php/40-0a57c00a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top