FC2ブログ

07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

ルーセントハート 


2008.11.10
Mon
14:09

(以下の話はLv.34以下、つまり二次職での話です)

最近、ガンナーの存在意義について悩んでおりました。
まぁそんな大そうな物ではなく、中途半端な職種じゃないかなぁ~とね。

ガンナーはナイト系の職に比べると防御力が低く盾役にはなれず、接近戦のスキルも貧弱(まぁ当然)。
かといって遠距離攻撃ではマジシャン系の攻撃力には足元にも及ばず。
これで“火力職”なのか?…と。

やっと最近わかりましたよ。
ガンナーは高レベルな敵を相手にした際に生きてくる!と。

例えば、盾役(ナイト)・回復役(プリースト)・火力(ガンナー&マジシャン)がバランスよく揃ったPTで、ラビリンスに行ったとします。
PTの平均レベルが30でLv.25ラビに行った場合、火力役の中でもマジシャンの火力は強力で、ガンナーは「ぼへぇ~っ」としてても勝てます。
が、平均レベルが30でLv.35ラビに行くと、話は変わってきます。敵は固く、なかなかダメージを与えられない。当然攻撃の主力はマジシャンですが、あっという間にMP切れです。MPの尽きたマジシャンなんて怖い物じゃないです。
その点ガンナーはマジシャンほどの瞬発力は無いですが、安定して一定のダメージを与えつづけます。
もちろんマジシャンはMP回復系アイテムを使えばずっと攻撃できますし、ガンナーも弾が無くなれば攻撃できません。
しかし、このルーセントハートではスキルの選択状況によってはHPやMPを回復させるアイテムがとても入手しづらいんですね。
それに対しガンナーの弾薬は簡単に手に入り、越後屋の場合、最低でも2700発以上の弾薬を用意してからラビに行きます。

従って、Lv.35ラビなどで“英雄”クラスの複数の敵と戦う場合や、“究極”クラスの最終ボスなど、長期戦になる時こそガンナーの力を発揮できるようなシーンなんですね。

その他、盾役であるナイトへの支援や立ち回りなど色々出来る事があり、やっとガンナーの面白さがわかってきました。

うん、まだまだ精進だ(^^;


category: ルーセントハート

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 相変わらず頼み事の仕方を知らない隣人  | h o m e |  憧れの… »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://pechigoya.blog114.fc2.com/tb.php/479-36093537
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top