FC2ブログ

11/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./01

久々の更新はゲームネタ 


2011.12.02
Fri
14:11

今2つのゲームを平行してプレイしてます。

これと、
ファイナルファンタジー零式ファイナルファンタジー零式
(2011/10/13)
Sony PSP

商品詳細を見る

これ。
俺の屍を越えてゆけ (通常版)俺の屍を越えてゆけ (通常版)
(2011/11/10)
Sony PSP

商品詳細を見る

どちらもまだクリアしてませんが、ある程度進んだ所での感想をば。
あ、極力ネタに絡むようなことは書かないつもりですが、一部ネタバレになる部分もありますのでネタバレ嫌いでこれからやろうって方は続きは見ないように。
まずは『FF零式』
FFの名前はついてますが、いわゆる新シリーズですね。
このゲーム一言で言うと『こなれてない』
ゲームの大まかな流れとして、[ミッション]→[自由時間]→[ミッション]→…
と続くわけだけど、この[自由時間]のデキが今ひとつ。

学園内やワールドフィールドに出て色々活動できるんだけど、自由時間を全て消化できるようなイベントが無い。有っても現在のプレイヤーキャラに合ってないイベントが多すぎ!まだLv.25前後だって時にLv.45推奨イベントなんて出てきてもうれしくないだろう。
またミッションやイベントをこなしてLv.は上がっていくんだが、次イベントの推奨Lv.まで上がっていることが少ないのもバランス悪く感じる。Lv.上げの為、目的の無い洞窟に篭ってひたすら戦い続けるってのも空しいし疲れる。
それから制圧戦と言われるアクションシミュレーションも余計な気がする。ARPGがやりたいわけで、シミュレーションの要素なんていらない。
攻撃が当たると一撃死が多いってのもいただけないなぁ…。

そんなこんなで越後屋的にはネガティブに感じる部分が多いけど、ARPGとしては良く出来てると思う。動きとかグラフィックとか。14人の味方キャラを使い分けるって言うアイディアも悪くない。
ただ、一本道とか言われないように色々な要素を詰め込みすぎてバランス崩しちゃったんだろうなと思う。
壱式、弐式…、とシリーズが続いていけばそれなりにこなれて良いシリーズになっていくような気がする。
ただ今の零式では途中で放り出しそうな気がしている。

現時点での評価:50点(100点満点で)


次に『俺しか』
初代PS時代のソフトのリメイク。オリジナルもプレイステーションアーカイブにあったのでやってみた。
リメイク版はアナログパッド操作に対応したり、オリジナルで面倒に感じた操作を改良されたり、遊びやすくなっている。グラフィックもPSP用に書き直され見やすくきれいになってます。
またシステム的にも伝家の宝刀(と言う言い方はしないが)を代々受け継げて行けたり、交神した神々が成長したりと細かいアイディアを盛り込まれてリメイクされている。
がそれはオリジナルの良さを壊してしまうほどではなく、適度なブラッシュアップと言う感じで良いんじゃないかな。
と言うか、基本古いゲームなので戦闘部分とかは正直古臭いですよ(^^;

このゲームで良いのはシナリオと言うかシステムと言うか、その全てをひっくるめた設定。
と言ってもゲームから提供される物語らしい物語なんか無いですよ。
短命の呪と種絶の呪をかけられた一族を鍛え上げ、一族の宿願を果たしていくと言う部分、プレイヤーが一族史を作っていくと言う部分にのめり込めるようになっている。
ある意味オールディーズ。
零式とは対極の存在。
朱点童子を倒した後、敵の雑魚キャラがとんでもなくパワーアップしたのに心を折られかけたけど、没入度は零式より上だなぁ…。

現時点での評価:80点

category: コンシューマ

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« ゴレンジャーがルーツでした  | h o m e |  祝日のネコ分 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://pechigoya.blog114.fc2.com/tb.php/640-c801e987
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top